新生銀行住宅ローンを利用する計画のある方に

今後、新生銀行での住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。
1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。
少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。
今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の詳しい内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族にフラット35などの長期固定金利住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いかも・・。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心してフラット35を申し込む事が出来ますね。
新生銀行での住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どっちを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どっちを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。
原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。
年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。
健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。
また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。
それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。
スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

新生銀行住宅ローン借り換え研究!大事なポイントは何?【記事一覧】