住宅ローンは年収によって返済負担率が変わります

住宅ローンをいくらぐらい借りることが出来るのかということは、返済負担率によって変わります。
利用者の年収に対して、住宅ローンを年間いくら返済することが出来るのかというのが返済負担率であり、この基準は各金融機関によって異なります。
目安として、この基準を公表している住宅金融支援機構の住宅ローンのフラット35にて計算することが出来ます。
フラット35の基準ですと、年収が400万円未満の場合には返済負担率が30パーセント以下、そして年収が400万円以上の場合には返済負担率が35パーセント以下となっています。
ご自身の年収と当てはめてみて、年間返済額を上回るような金額を借り入れするということは出来なくなります。
三菱東京UFJ住宅ローンタイプ別の支払い額比較!【シミュレーション】