住宅ローンのシュミレーションで将来の計画を

結婚すると子供は何人くらい欲しいかなとか考えるものですが、住宅ローンを組む際にはもっと切実な問題になります。
子供の数で住宅ローンの返済ができるかどうかが決まるためです。
住宅ローンの返済は、子供の学費が多くなっても減らしてもらえません。
そのため、住宅ローンを始める前にシュミレーションを組んで、家族計画も併せて考える必要があります。
余りに多い子供の数と住宅ローンの返済は両立しないのです。
もし住宅ローンのシュミレーションを立てずに家族計画も立てずに生活していると、どこかで資金ショートします。
多人数の家族とともに一家が路頭に迷うという事は絶対に避けるべきです。
事前の住宅ローンシュミレーションは欠かせません。
会社経営者の住宅ローン審査は?基準厳しい?【審査通らない場合】