ヘッジとは?

投資において「ヘッジ」というと、リスクを回避する事。

「リスクヘッジ」「ヘッジする」「ヘッジ管理」などというように使われることが多いようです。

投資をしていると、いろいろなリスクに直面します。

例えばFX投資をする場合には、外国為替市場の変動による為替変動リスク、レバレッジを使うことでハイリターンを期待できる代わりにハイリスクになってしまう「レバレッジによるリスク」、その他にも、マイナー通貨で取り引きを行なう場合には、政治的な要因でマーケットがクローズしてしまうなど、いろいろなリスクを想定する事ができます。

投資をする際には、取り引きを始める前にリスクをある程度想定して、そのリスクに対してリスクヘッジを行なうことが理想的です。

もちろん、リスクを完全に想定する事は簡単なことではありませんし、一つのリスクに対するリスクヘッジにもいろいろな方法があります。

例えば、FX取引でアメリカドルのポジションを持っている時に円高が進んだとしましょう。

円高が進めば進むほどあなたの利益は減りますし、損失は大きくなってしまいます。

そのまま見過ごしているのは賢い選択ではありませんから、リスクヘッジが必要です。

まず最初に思いつくリスクヘッジは、損切りをして損失を最小限に抑える方法です。

また、資本に余裕がある場合には、更にアメリカドルを買い足すことで、将来円安が進んだ時にポジションを手放して、損失を軽減するというリスクヘッジの方法もあります。

どの方法が自分にあっているのかを考えながらリスクヘッジを行なうことが大切です。